後遺障害と障害等級

交通事故に不幸にも見舞われた場合に通院や入院をするケースが多いものです。通院や入院をしていきながら徐々に症状が良好な状況になっていくことがあります。この場合にはいずれ症状が亡くなり、主治医は治癒の判断を行います。治癒になれば交通事故に遭う前の状態に戻ることができます。それに対して不幸にも症状がずっと残った状態になることがあります。こうなると後遺障害を抱えることになりますが、その場合には適切な後遺障害の等級認定を受ける必要があります。このサイトではそのための方法についてお伝えしています。

治癒ではなく後遺障害を抱えてしまうとその後の生活も支障をきたしてしまうことにもなりかねません。小さな後遺障害なら日常生活でも大きな支障をきたすことがないものですが、残存する症状が重いものになると生活がとても困難になってしまうことになります。また経済的な負担も交通事故前に比べて大きくなることも多いものです。経済的な負担を軽減させていくためには後遺障害の等級の認定を受けることが最初にしなければならないことです。ただこれは主治医が判断するものではありません。損害保険料率算定機構という国の機関が行います。

後遺障害認定は年々難しくなっていっています。症状が残存していないのに認定を受けようとする方がいるため、それを排除するためには厳しく認定作業を行わなければなりませんが、実際に症状が残存している方まで認定されないことも実際には起こっています。そんな中でどのように正しい等級認定を受けたらいいのでしょうか。